現在地
ルートを検索

北海道の炭鉱が心霊スポットとしては有名ですが、
道東に位置するこの『雄別炭鉱』は霊能者の
宜保 愛子さんも訪れたことのある有名な心霊スポットです。

地元では大学生くらいになると肝試しがてら行く人が多く、
そのほとんどが何かしらの心霊現象に遭遇すると言われています。

元々は石炭の普及によってできた炭鉱の街で、
光熱費が全てタダだったりと当時はとても栄えていたと聞きます。

しかしその裏では『タコ部屋』という、
ひたすら坑内で働かせるための収容所のような場所があったそうで。

出稼ぎに来た若者をだまして借金を負わせ『タコ部屋』で働かせるなど、
ほの暗いことが行われていたという話も…。

そんな雄別炭鉱に訪れたときの話です。

時期はちょうど春先。

私は写真を撮るために、
雄別炭鉱に興味のある知り合いと3人でそこを訪れていました。

カメラはそれぞれ私はミラーレス一眼、
知り合いはデジカメと一眼レフを持ってきていて、
雄別炭鉱をグルリと一周する予定でした。

携帯も通じない山の中で、聞こえるのは獣の声だけ

しかし3人というのは心強かったですし、天気の良い昼間で
主な目的ではないものの「心霊写真が撮れちゃうかもな」という
ちょっとしたワクワク感の方が勝っていました。

雄別炭鉱は衰退と共にあっという間に人がいなくなった街で
建物も当時のままのものがほとんど。

街の中にはそこかしこに坑道の入り口がそのまま残されていました。

ちょうど坑道の大きな入り口を過ぎた辺りで、
入れそうな小さな坑道の入り口を見つけたのです。

それは地下へ続くコンクリート製の階段になっていて、
曲がり角もあるため奥まではよく見えません。

入り口の壁には「コウモリがいるよ!」などと書かれていたので
奥に降りれるのではないかということで、
私たちは降りて行くことになったのです。

順番は私が先頭でした。

特に懐中電灯などは持っていなかったので
見える範囲で階段を下りていたのですが、
しばらく降りると前が真っ暗になったんです。

ここから先が壁になって封鎖されているのか、
それともまだ奥があるのか全く分からない暗闇。

手を伸ばすと何も触れないので壁のハズがないのですが、
そのときは何故か壁を伝って降りようとは全く考えませんでした。

なんとなく「これ以上行けない」と思ったのです。

真っ暗で壁なのか分からないことを後ろに続く知り合いに伝えると、
カメラのフラッシュで奥があるか確認しようということになりました。

「なるほど」と思った私は
フラッシュを強制発光にしてシャッターを押したのですが…
なぜか何も反応しないんです。

ボタンは押せるのに、一向に写真も撮れないし
フラッシュだって付きません。

「あれ~」などと言っていると、
後ろにいた知り合いたちも私の横に降りて
フラッシュを光らせようとしました。

けれど3人とも何もできないんです。
ミラーレスも一眼レフもデジカメも一切反応しませんでした。

ヤバイ

私たちは顔を見合わせてすぐさま撤収しました。
その後カメラは元に戻って、不具合が嘘のよう。

それぞれが撮った写真にも、特に何も映っていませんでした。

「なんだったんだろうね」などと話していたのですが、
後日その話をした友人の言葉で私は思わず背筋が寒くなりました。

「いや、いたんじゃない?」
「何が」

幽霊
「だってシャッター押せなかっただけだし、写真も特に問題なかったよ?」

「いい天気だったんだよね?急に前が暗すぎて壁かどうかも分からなくなることある?」
「それは…」

「いたんだよ。…すぐ、目の前にさ」

関連する心霊情報