現在地
ルートを検索

友人5人で壮瞥町にある
三恵病院跡地に行ってきたのですが、
廃墟なのでいかにもヤバイ雰囲気でした。

到着して車を降りて建物に向かって行くと
友人の一人がもう帰ろうここヤバいよ。と、
夏の暑い日だったのに鳥肌がたつくらいの寒気を感じました

友人のもう一人は頭痛がしてきた。
とさすがに、ヤバイと思い、車に戻ろうとしたとき、
友人が誰かこっちに向かってくる。

と、慌てて走って車に戻り乗り込み、
車を走らせようとしたのですが、
キーを廻してもエンジンがかからない。

早く行けよ。と友人に急かされるもエンジンはかからない。
友人が後ろに女の人が、車の上に登ってくる

その時、車がガタガタと揺れ始めた。
恐怖感MAXになった僕は、動けーと叫びながらキーを廻した。

すると、エンジンがかかり、車を走らせた。
車内では頭が痛いと一人の友人が泣いている

恐怖で他の者は声を発する人はいなかった。
車を10分ほど走らせると、友人の頭痛も治まったようだった。

次の日、先日一緒に現場に行った友人の一人の家に迎えに行った時、
友人が、僕にちょっと降りてこいよ。
と車を降りて行くと友人は僕の車の後ろに指を指した。

すると、後ろの窓ガラスに土の付いた手でさわった様なあとが
車のボンネットに向けて無数についていた

血の気がひいて声が出なかった。

すぐに友人にバケツに水を入れてもらい、
車をこすり始めた。

それ以来、2度とその場所にはいかないようにしている。

他にも三恵病院跡に行ってから、
おかしくなって入院した人もいる
話なども聞いたことがある。

関連する心霊情報