現在地
ルートを検索

高校生の頃、肝試しというよりあの建物はなんだ、
との思いから夜中に酒田短期大学
敷地に入ることになりました。

正面には幅が20mほど、15段ほどの階段があり、
建物の入り口があり、中は閑散としていました。

建物に沿って歩くと横には屋上に繋がる螺旋階段がありました。
少し頼りない、風化した階段でしたが、とりあえず登ることに。

各階に扉はありましたが、もちろん開くことはなく、
最上階に着き、柵はありましたが簡単に越えられる高さでした。

柵を越えると屋上が広がっており、そこからは市街地が一望でき、
きれいな夜景を見ることができました。

当時高校生だった私たちは特に夜景に感動するわけもなく、
少ししてすぐにまた螺旋階段から降りることにしました。

その途中、時折なんだか寒い感じがしました。

すると友達の1人が駆け足で階段を降り始めましたが、
一旦降りてから話を聞こうと思い、気にせずにいました。

敷地の入り口に戻り、とりあえずその場を離れることに。

あとからその友達に話を聞くと、
足を何かに引っ張られているような感覚
足に重さを感じたのだそうです。

その後行くことはありませんでしたが、
その話を別の友達に話すと、
酒田短期大学もともと病院だったところで、
裏には隔離病棟などもあったとの話でした。

なんとなく友達が体験した
足を引っ張られる感覚を感じた理由がわかりました。

別の話ではレンタルビデオ屋さんにあった
心霊系ビデオにそこの螺旋階段の映像があるとか。

実は有名な心霊スポットだったようでした。

一緒に行った友達も特に影響もないので良かったのですが、
面白半分で行っていたら何か起こっていたのかもしれません。

関連する心霊情報