現在地
ルートを検索

自分が仙台市の鶴ヶ谷にあるひょうたん沼
その人影をみたのは、魚が起きる時間を狙って釣りをするため
朝早くのまだ薄暗い時間でした。

人影は170cmぐらいあって、
顔とか服装までははっきりと見えていなかったけど、
ふいんきから男だというのがわかるぐらいでした。

ひょうたん沼は通称で、正しくは鶴ケ谷中央公園の大堤

自分と反対側に人影が動いているのに気がついたのは、
ざっとこのあたりに魚がいそうだなと目星をつけてから、
ルアーをキャストして魚の反応を探りながら歩いていた時です。

こんな時間にってことは釣りだろうなって思いながら、
近くに来たら情報交換するかってくらいで、
自分はそんなに気にしてはいなかったんです。

変だなって思ったのは、
釣りにしてはロッドを持っていないし、
ジョギングにしては移動がゆっくりだし、
こんな時間に散歩?なのって思ってからで。

釣りも魚の反応がいまいちで、
たまにヒットしても小物ばかりだったから、
なんか変な人もいるからもう帰ろうかって考えているときでした。

人間が歩いていたら体が動くのが普通なのに、
こんな時間に散歩をしている人影は、
同じ姿勢のまま滑っているようにしか見えません

それであれは変な人じゃあない、
もう絶対にもっとヤバイ奴だって感じて、
すぐに人影から離れるように動きました。

明るくて人のいる場所ってどこだって考えて、
公園から急いで離れて、
来るときに見かけたコンビニへ入ったんです。

とにかくしばらくコンビニの中にいて、
人影がついてきてないって思ったときには、
空が明るくなっていました。

ひょうたん沼って、
渡り鳥がやってくる場所って思ってたんですけど、
事故とか自分からとかで沼に沈んだ人がいるって聞いたときに、
自分がみた人影が何だったのかがハッキリとしました

関連する心霊情報