現在地
ルートを検索

日本三大鍾乳洞の一つ、
岩泉町の龍泉洞は未だにその全体像が謎に包まれています

1968年に地底湖を調査していたダイバーが亡くなり、
その後調査が行われることはなく、
実際に洞窟がどれだけの規模なのかは不明のままなのです。

よく知られた『パワースポット』『恋人たちの聖地』、
そんなロマンのある観光スポットとしての姿も、
龍泉洞の一面でしかないのかもしれません。

Rさんが龍泉洞に入ると、
洞窟内に設置された温度計では、
外の温度と較べて7度低く。

写真に光の玉が映ることがあるパワースポットと聞いていましたが、
スマホを取り出すよりも、
体をこすって少しでも熱が欲しいと。

展示物やライティングされた光景なども、
立ち止まると寒いので、
次々と洞窟内を進んでいきます。

そんな調子で次に移動しようとすると、
友人の一人がその場にへたり込んでいて、
声をかけても「あー」とか「うん」とか力ない返事が返るばかり

友人のほっぺたは真っ赤で、
温度差で熱でも出たのかと、
Rさんたちは簡単に考えていました。

友人を支えながら洞窟を出て、
少し様子をみると落ち着いたようで、
力が入りきっていないようですが、
ほっぺたの色は落ち着いていました。

友人の体調のことがあるので、
帰りは休憩を多めにする予定で出発。

程なくして友人が眠ったようなので、
会話も控えめになり、
スマホを見たりしながらRさんたちは道の駅に。

そこで友人の顔を見ると、
今度は顔から血の気が引いていて。

Rさんにはそれが、
棺桶に入る前の祖母の顔色と重なって見え、
思わず大きな声で友人の名を呼びます

Rさんの声に目を覚ました友人は、
ここどこ?とのんきなものですが、
おかげで車内の緊張が一瞬でとけたのだそうです。

霊感があるとパワースポットで気分が悪くなることがある

Rさんはそんなことを何処かで聞いていたのを、
龍泉洞からの帰り道に思い出したのだそうです。

関連する心霊情報