現在地
ルートを検索

琴浦町赤崎のJR赤崎駅から歩いて10分の場所には、
海岸線に面した花見潟墓地があり、
花見潟墓地で幽霊を見ると悪いことが起きる
というウワサがあるようです。

300m以上に渡る花見潟墓地には、
何百年という歴史を物語るように2万基を超える墓石が集まっていて、
自然発生した墓地として花見潟墓地は西日本最大の規模を持ち、
お盆になって灯籠に明かりが灯されると、
幻想的な雰囲気に包まれます。

打ち寄せる波は堤防が防いでいますが、
堤防のない時代には墓がさらわれることもあったと思います。

もしかしたら、
波が故人をあの世に運んでいくと考えられていた
名残なのかもしれません。

私はこういった珍しい風土に興味を覚えて、
花見潟墓地を訪れました。

遠くの墓石群がかすんで見える景色は、
広いだけでは表せない凄みのようなものを感じますし。
真っ白な波が打ち寄せる海岸を眺めれば、
波に乗って極楽に行けそうな気分になります。

花見潟墓地の様子を撮った動画をあげてから、
墓の年代をみて歩いていたときです。

海を眺める人から雰囲気が出ていると、
友人から反応がきたのですが、
私は人がいないことを確認して撮ったので、
人の姿は映っていないはずです。

慌てて動画を確認しましたが、
やはり動画に人の姿はなく。

友人は勘違いだったとスタンプを送ってきますが、
墓地にいる私はおだやかではありません。

結局、
私はこの出来事で不安を感じましたが何もおこらず。

友人はこの出来事のあった日に、
愛用の湯飲みを割ってしまったそうですが、
海を眺めていたのは幽霊だったのかもしれません。

関連する心霊情報