現在地
ルートを検索

JR倉敷駅前の道路を道なりにまっすぐ進むと、
トンネルの手前で倉敷から水島へ進む下りのトンネル、
水島から倉敷へ進む上りのトンネルに別れます。

それが古城池トンネルで、
もともと古城池トンネルひとつだけだったのですが、
交通量のある道路なので新しいトンネルを作って、
上りと下りを分けたみたいです。

水島から倉敷へ上る古い方のトンネルには、
猛スピードで走るババァに追いかけられる、
ジェットババァのウワサがあります。

当時は古城池トンネル手前に自販機がたくさん並んだドライブインがあって、
そこに茹でたうどんが出てくる自販機があるという話から、
古城池トンネルジェットババァが出るという話になり、
私の頭の中でギャグ漫画みたいな絵が浮かんできて、
なにそれとその場で大笑いでした。

ジェットババァは信じていませんでしたが、
珍しいうどんの自販機の方には興味があったので、
それでドライブインの自販機でうどんを食べたついでに、
古い古城池トンネルを私と友人の二人で通っていたときです。

パキパキという音が聞こえてきて、
タイヤで道路のゴミを踏んだにしては音がよく聞こえて、
それはまるで車内でなっているようでした。

友人もさっきの音何?となったのですが音の正体はわからず、
変なことがあったぐらいに思っていました。

それで古城池トンネルでこんなことがあったと話題にだすと、
トンネルのある山が処刑場だとか合戦のあった場所が近くにあるとかで、
幽霊が集まる場所になっているのか。

昔、公衆電話があった時には電話ボックスに女の幽霊が出ていたとか、
突然現れる幽霊バイクとかいろんな話が出てきます。

そうやっていろんな話を聞いた後だと、
私達が聞いた音は心霊現象だったのでは、
そんなふうに思うようになりました。

関連する心霊情報