現在地
ルートを検索

佐賀県小城市の山里にある清水の滝珠すだれの滝)は、
滝に打たれる修行が行われていた場所です。

いつ頃なのかはわかりませんが、
滝に打たれながら父へ祈を捧げていた子供が、
冬の寒さで死んだ
という話があるようです。

友人が知り合いからもらったという写真を見ると、
流れ落ちる滝を背景に、赤色の炎を背負った
仏像の隣に普通の仏像が2つ並んでいました。

友人は背景の滝に人の顔が浮かんでいるというのですが、
私はただの思い込みだと思っていました。

友人はノリが悪いなと不満そうでしたが、
見えないものは仕方ありません。

心霊写真は盛り上がりませんでしたが、
夏の暑さにうんざりとしていた私達は、
避暑地としての清水の滝には大いに盛り上がりました。

田舎町の路地裏のような場所を通った先に滝はあって、
のどかな時間が過ぎる中で涼んでから、
滝の上にあるお寺に立ち寄ったのですが、
寺へ続く階段は傾斜がきつかったです。

登るときはうんざりとするだけでしたが、
往復して降りた後だとやりきった達成感が湧きあがってきて、
自分たちがやりきったことを残したくなり。

お互いスマホを取り出して階段の写真を撮ると、
友人のとった写真にだけオレンジ色の輪が写っていました

私のスマホも友人と同じ機種だったのですが、
同じような場所から撮影した私の写真には、
オレンジ色は写っていません。

影がそう見えるかもしれないという写真にはしゃいでいた友人も、
普通ではない何かがハッキリと写った写真は怖かったようで、
さんざん迷った挙句に消去してしまいました。

一時の清涼を求めて清水の滝へ行ったのですが、
肝が冷える体験をするとは夢にも思っていませんでした

関連する心霊情報