現在地
ルートを検索

A君が猪子トンネルについた時には日が落ちていて、
明かりはトンネルの小さな照明だけで、
猪子トンネルが獲物を引き寄せている罠のように見えてしまい、
もう少し早く出発すれば良かったと思ったそうです。

県道218号線にある猪子トンネルは、
感の鋭い人だと何かの気配を感じるそうですが、
どちらかと言うとこのトンネルは目印で、
猪子トンネルそばに山道への入り口があって、
この山道の方で幽霊が目撃されています。

これはA君が友人達と一緒に、
話のタネになるだろうぐらいの軽い気持ちで、
猪子トンネルへ訪れた時の心霊体験談です。

A君たちが持っていた明かりは、
車のキーにつけてキーホルダーにしていた小さなライトだけで、
山道に入るには頼りない明かりしかありませんでした。

それでもせっかくここまで来たのだからと
A君達は噂の山道に入って行きますが、
小さなライトでは足元がぼんやりと見えるだけです。

山道に入って数メートル進んだ所で
ライトを持っていたB君が立ち止まり、
ライトをいろんな方向に向けますがまったく役に立ちません。

これは全然ダメだなと言いながら
B君がライトを動かしていると、
木の間に白いものが浮かび上がりました。

白いものが見えた場所にライトを向けると、
そこには子供の頭ぐらいの大きさの白いものが浮かんでいて、
あれはなんだとA君達が呆然としていると、
白いものは森の奥へ消えていったそうです。

A君は車までの間になにか起こるのではと不安になって、
気持ちだけが先走ってとても長い距離に感じられたそうです。

この出来事から何年か過ぎているのですが、
全員が白いものを見た出来事を話題にするのは避けていて、
昔あった出来事を懐かしんだりするときでも、
この話題が出ることはないそうです。

関連する心霊情報