現在地
ルートを検索

最初にその声が聞こえてきた時は猫がいるのかと思い、
見えるわけは無いって思いながら、
なんとなく声が聞こえて来た方を見ました。

そうしたら猫は見えませんが、
森の中をうろつく人の姿があるのに気がついて、
すぐにこれはヤバイと思いました。

こっちは夜釣りでヘッドライトをしていて、
向こうからは何処にいるかはっきりとわかりますが、
こっちからは人がいる程度しかわかりません。

今冷静に考えたらすぐにライトを消して、
道具なんかも放りだして逃げればよかったって思いつくのですが、
その時は心底ビビって頭が真っ白になっていました。

そのうえ膝が勝手にガクガク動いていて、
その場から逃げるなんて、
這って進むしか出来ない状態でした。

こっちが森をうろついていた人の姿をただじっと見ていたら、
それは移動するのをやめてモゾモゾとし始めます。

多分こっちに興味をもったんだって思ったのですが、
こっちはどうすることもできません。

心臓が頭のなかにあるんじゃないかってくらい大きな音で、
ドクンドクンって悲鳴のようにうごいてて、
額からはどんどん汗が出てきて。

それでそのまま意識を失って、
気がついたときには人の姿は消えていました

倒れた時に地面にぶつけて頭は痛いし、
軽い脱水を起こして体はだるかったですが、
とにかく急いで道具を片付けてそこから逃げました。

甲山森林公園内にある五ヶ池で、
釣りが禁止される以前の出来事なのですが、
釣りをしていると何かしら気配を感じることがあった、
そういう知り合いもひとりふたりではありません。

五ヶ池で何かが起きたということではないようですが、
この周囲では猟奇事件などがおきていて、
そういう事が影響しているのかもしれません。

以前はバス釣りで賑わいボートまででていたのですが、
釣りは禁止されてしまい、
今は立ち入り禁止になっている場所もあるようです。

だんだん人が近づけないようになっているのを知ると、
私が見た人影は意識を失う前の夢や幻ではなかったのでしょう。

関連する心霊情報