現在地
ルートを検索

これは私が学生時代のことです。

その頃の私は全国的な都市伝説『口裂け女』を調べていて、
夏休みを利用して岐阜を訪れていました。

岐阜には『口裂け女』が生まれた場所と言われる場所があり、
旧中央本線の13号トンネルはそのひとつでした。

13号トンネルは、
岐阜の多治見から愛知を繋いだ旧線にある、
10kmの間にトンネルが14もある愛岐トンネル群のひとつ
です。

近くには幼稚園があり、
足を伸ばせば中学校や小学校もある場所で、
心を病んだ女性がうろついていたのを子供達が目撃し、
そこから『口裂け女』の伝説が日本中に広がった
と言われています。

これはウワサなのですが、
心を病んだ女性が子供達を襲った、
そのような話もありました。

廃棄されたまま放置されているとはいえ、
13号トンネルの入り口はフェンスで塞がれていて、
中に入るこは出来ませんでした。

資料として13号トンネルの写真を何枚か撮影してから、
フェンスの隙間から中の様子をうかがっていると、
私の背中を左肩から右腰にかけて何かに撫でられたのです。

はじめは肩に掛けていたショルダーバッグのストラップが、
意図せずに体に触ったのかと思いましたが、
フェンスを覗きこむためにバッグは後ろに回していたので、
私の背中に触るものは何もないはずです。

愛岐トンネル群を造るのは難しい工事だったらしく、
何十名の犠牲者が出たという事も知っていたので、
私の背中を撫でた物に嫌な物を感じて、
私は急いで13号トンネルから離れました。

また、愛岐トンネル群が作られた当初、
特に13号トンネルあたりのトンネルでは、
身投げが相次いで起きたそうです。

口裂け女』も偶然この場所にいたのではなく、
精神の均衡が崩れていたために、
引き寄せられてしまったのかもしれません。

関連する心霊情報