現在地
ルートを検索

は仕事で、墓石関連の仕事に就ているため
まれにを連れて帰ることがあります。

私はそういうものが見えるのですが、
父は見ることや感じることはないそうです。

しかし、そんな父にも大洗の海では見えてしまったようでした。
ことの発端は、父の趣味である釣りでした。

父はよく、車で千葉県茨城県などに行き
船に乗って海で魚を釣ることが好きでした。

釣った魚は家で刺身にしたり、フライにしたりして
おいしく食べることもできるためだそうです。

父は、朝早くに出る釣り船に乗るため深夜に家を出ました。
その移動の道中のことです。

父は知らなかったようなのですが、
調べてみると、大洗海岸というのはその名の通り、
波が荒い海で、溺れてなくなった人がたくさんいるらしく、
心霊スポットとしても知られているようです。

そして、父の車は大洗海岸の近くまで来ました。

そのまま車を走らせていると、
道の路肩に白い服を着た女性が立っていたそうです。

なんだ、こんな時間に。
不気味だなぁ、と思いそのまま車を走らせました。

しかし、ふと気がつくと何故か女性を見た道と
同じ道を通っていたそうです。

同じところをぐるぐると何度も通っていて、
父はおかしいと思い一旦車を路肩に停めます。

父は何度もここに来ていたため、道に迷うはずはないのです。
少し考えた後、父は再び車を走らせました。

すると、車はさっきの道から抜けて海岸の前まで着きました。

しかし海岸の前で車はいきなり重たくなり、
何か巻き込んだのかと車を降りることにしました。

何度も見ても、車は異常ありません。
変だな、と車に戻りました。

そのとき、妙に海が静かなことに気がつきました。

波の音一つありません。
思わず海岸をじっと見つめました。

すると、よく見ると海の一部分だけが
バシャバシャと水しぶきをたてていることに気がつきます。

しかし音や声はしません。
じっと目を凝らすと、水面から手が伸びています。

そしてどうやら、それは岸へ岸へと近付いてきているようです。
水しぶきの正体を確かめるべく、父はじっと見つめました。

すると、水しぶきは岸へ上がると姿を消してしまいました。

あれっ?そう思った途端、
助手席側の窓をコンコンとノックされたそうです。

振り向くと、白い服の髪の長い女性ががあり得ないほど
口角を上げてにぃーっと笑ってこう言ったそうです。

どうして助けてくれなかったの?

無我夢中で車を走らせました。
しかし女は着いてきます。

気味の悪い高笑いと共にやってきます。
サイドミラーにはあの女の顔が写っていました。

とにかく無我夢中で車を走らせて、海岸から離れたそうです。
これが父が初めて経験した、心霊体験です。

関連する心霊情報