現在地
ルートを検索

この出来事は今から17年ほど前のことです。
当時、18歳だった私は念願の車の免許を取得し
早々にマイカーを購入したばかりでした。

マイカーといっても自分で買える精一杯の金額で
型の古いマークⅡの中古車。

それでもマイカーということでとっても大切にしてましたし
毎日のように乗り回していました。

そして、夏のある日、暇を持て余した私と友達3名は
地元でも心霊スポットとしてかなり有名小坪トンネル
肝試しがてらドライブに行こうということなったのです。

軽い気持ち走り出した普通の若者たち、
運転席の私を含め高校時代からの同級生達を乗せた愛車は
ひとまず横浜から鎌倉方面へと走らせることになったのです。

実のところ目的地である小坪トンネルの正確な場所
誰一人把握していませんでした。

次第にあたりは車の往来する頻度は少なくなり街頭も少なくなった頃、
目の前にトンネルが現れました。

『おいおい、これ小坪トンネルか?』なんて言いながら車はトンネルの中へ。
しかし、それは別の名のトンネルでした。

そして、また気づけばトンネル。これもまた違う。

そんなトンネル違いを数回繰り返した頃、
『誰か小坪トンネルの場所ちゃんと知ってる奴いなのかよ!』なんて
笑いながら走っていたまさにその時、次なるトンネルの中に車は進入していました。

そして、トンネルの出口に差し掛かる一歩手前で突如スピードが落ちたのです。
もちろん運転しているのは私自身。ブレーキなどは踏んでいませんでした。

異変に気づいた同乗者は尚もふざけ調子で『ちょっと、ふざけなくていいから!』
しかし、そうではないのです。

アクセルを踏んだところで加速しないのです。
そしてヨロヨロとした速度で車はトンネルを抜けました。

バックミラー越しにみたトンネル上部にある名が・・・
小坪トンネル』一瞬で脂汗のようなものが毛穴という毛穴から吹き出し
『ごめん・・・冗談じゃなくて・・・車動かないんだ・・・で、ここ・・・小坪トンネルて・・・』

みんなはパニックになり
『とりあえず車!どうにかしろよ!早くここから離れよう!』

そうは言うものの完全にストップした車は
エンジンすらかからなくなっていたのです。

右往左往しているうちに小雨が降り始め、
車内の空気は先ほどまでとは一変し重苦しい雰囲気に呑まれていました。

『誰だよ!こんなところに行こうなんていいだした奴は!』という
言い争いまで始まり、ジッとしていられなくなった私は車の外へ・・・。

その日は深夜にも関わらずなんとか知り合いを呼び
車を牽引して帰ることができました。

そして翌日、車は廃車となりました。

業者いわくエンジンを冷やすラジエーターの根元から
きれいにザックリと切り落とされていたらしいですが、
普通はこんなことありえないそうです。

関連する心霊情報