現在地
ルートを検索

これは2010年に、
北海道へ旅行に行った時の話になります。

目的は羽幌(はぼろ)の築別(ちくべつ)炭砿なのですが、
札幌からは200キロも離れた場所で、
一番近い町からも20キロは離れています。

雪の季節になると、
誰も立ち寄れなくなるような場所
なので、
ここへは行くことは無いと思っていました。

ところが、
ネットで知り合った北海道在住のKさんの誘いで、
私は築別炭砿を訪れる事になります。

炭鉱で栄えた場所なので、
閉山のウワサが流れただけで、
一万人の人が街を離れてしまったそうです。

石炭需要の低下もありますが、
労働力の確保が出来ない状況から炭鉱は閉鎖。

数年後には炭鉱周辺の地域を合わせても、
そこには99人しか残っていませんでした。

炭鉱労働者のための集合住宅では、
作業等で亡くなった炭鉱労働者と思われる、
人の話し声や人の影が見えると聞いていましたが、
集合住宅の部屋の梁はまだキレイで、
廃墟特有の落書きも少なかったです。

もしかしたら、
何処かの部屋には人が住んでいるかも、
そんなふうに思えて来ます。

築別炭砿へ行くまでの道路標識にも、
『築別炭砿 ☓km』と表示されていて、
ここは1970年のままなんだと思いました。

この場所から帰る時に事故を起こす

心霊現象としてよく聞く話ですが、
築別炭砿もそんな風に言われているそうです。

築別炭砿へはKさんの年季の入った車で行ったのですが、
宿泊先まで戻った時に、タイヤのネジを隠すキャップが
どこかで外れているのに気が付きます。

このくらいで終わりなのだろうか…。
いやこれが始まりなのかもしれない。

その時は冗談のように言ったのですが、
自分の部屋に帰る途中で私は車と事故を起こしました

私が住んでいる最寄りの駅から、
自転車で部屋に帰ろうとしていた時です。

横断歩道を渡ろうとしていたら、
左折するトラックとお見合いして、
お互いに止まってしまい。

トラックの運転手さんが先に行けと手で合図をくれたので、
会釈して自転車を動かすと、赤の車がトラックを追い越そうとして、
その赤い車に自転車の前輪がぶつかってしまいます。

幸い手のひらを擦りむいただけですんだのですが、
宿に帰る途中の出来事に続いての接触事故を、
私はただの偶然では無いと思っています

関連する心霊情報