現在地
ルートを検索

高速道路利用時に疲れたので不動寺PA/SA
休憩するために車を停めました。

お土産屋さんとコンビニみたいな小さい売店があって
お腹も空いていたのでそこでパンとコーヒーを買うことにしました。

レジを一人のアルバイトの方が回していて
お客さんが3、4人並んでいたので後ろに並びました。

ボケーっと待っているとTシャツの裾をグイッと引っ張られ
子供がやったのかなと後ろを振り向くとそこには誰もいませんでした。
急に血の気が引いたようになりました。

やっと自分のレジの番になり、
商品をスキャンして会計となりお財布の小銭を
ガサガサ探していると右肩をポンポンと叩かれました

連れかなと思ってムッとして振り向くと
やはりそこには誰もいませんでした。

本気で怖くなってきて連れに出来事を話すと
気のせいじゃないかとからかわれましたが、
目に見えたものではなく体感したので今でもずっと覚えていますし、
それ以来、不動寺PA/SAには一回も近づいていません。

歴史を調べてみると富山県と石川県の間に
源氏と平氏の戦いがあった倶利伽羅峠が近くにあり、
平家軍が倶利伽羅峠の断崖に転落して壊滅したとありました。

こちらは心霊スポットとして有名ですが、
不動寺付近も負けた軍の平氏の亡霊が彷徨っていて
私の方を叩いたりシャツの裾をひっぱったのも
霊だったのかもしれません。

つい最近聞いた話なのですが長距離トラックの運転手さんの間では
どんなに疲れても不動寺PA/SAでだけは絶対に寝るな
というのが常識になっているらしいです。

なんでも落ち武者見たとか、寝たまま魂抜かれたのか
車中で死亡しているのを発見された事件もあったそうです。

関連する心霊情報