現在地
ルートを検索

私が大学を卒業して就職をしたある日の事でした。

こんな恐怖体験をするなんで思いもしませんでした。
入社して4ケ月がたち広島県瀬戸内海国立公園にある
大久野島という島に研修旅行に行くことになりました。

1ケ月ものかなり長い研修です。
と言うのも私の就職をした会社はかなりキツイ営業を
しなくてはいけない会社なので、精神を鍛えるための研修という事です。

水も飲む事も許されず、砂浜で走ったり、海で延々泳いだり、
先輩の言う言葉に従って大声手海に向ってさけんだりと、
朝から夕方まで毎日続きました。

グループに分けられ競争をして勝ったグループから
お風呂にゆっくり入る事ができ食事ができるという感じでした。

ある日の夜、本当にへとへとで疲れて
ご飯も食べれずお風呂から上がって
そのまま寝床に倒れこんでしまいました。

夜中の2時過ぎだったとおもいます。
畳の上をすり足ですって歩く足音が聞こえました。

「ん?」と起きようとしたのですが金縛りになり動けません。
そこで私はこれはヤバイと思いました。

ドンドンすり足が近づいてきます。
私は怖くて目をギュっとつむりました。

すると、頭の上で足音が止まりました。

私は怖くて怖くて目をつむっていたのですが、
あまりにも何も変化がないので、うっすら目を開けて見ると、
畳の上に顔だけが浮かび上がっていました。

坊主頭に丸めがねをかけて帽子をかぶっている
薄い緑の顔をした人は兵隊の帽子をかぶっていました。

私は恐ろしすぎて目を閉じる事も出来ず、
ずっと見ているとその兵隊さんは私をずっと見ながら、
首だけがすーっとたたみの上を動きそのまま壁に消えていきました。

兵隊さんが居なくなると金縛りがとけて
私は布団を頭からかぶって朝が早く来て欲しいと思いながら
いつの間にか寝てしまいました。

そう、私達が研修をしていたこの島は、
大久野島といい、いわゆる「毒ガス島」と言われていた島だったのです。

大久野島(おおくのしま)は、瀬戸内海にある島で
広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルにある
周囲4.3キロの小さな島です。

地図から消された島」とも呼ばれ、
第一次世界大戦以降の化学兵器製造の毒ガスを製造していた所で、
で、現在は「うさぎの楽園」としても有名です。

【うさぎの楽園】 BUNNY PARADISE 大久野島 (17-Nov-2013)

心霊スポット」のようにはなっていませんが資料館が今は立てられています。
私の見た兵隊さんは、昔の事を伝えるために出て来られたのかもしれませんね。

関連する心霊情報