現在地
ルートを検索

鳥取県の観光地で有名な鳥取砂丘の南には、
多鯰ヶ池(たねがいけ)という透き通った池があります。

多鯰ヶ池は深い場所だと水深が15mを超える、
鳥取県だけではなく中国地方で一番深い池で。

この池で訓練をしていた兵隊が事故で亡くなってから、
池に一人で行くと水に引きずり込まれるという話や、
溺れた女性が出るという話があるようです。

多鯰ヶ池の周辺には「多鯰ヶ池のお種」に代表される、
蛇にまつわる言い伝えがいくつかあります。

多鯰ヶ池のお種」は、
お種さんが持ってくるおいしい柿の実を、
どこから持ってくるのかコッソリとついていくと。

お種は白蛇が人間の女に化けた姿で、
柿の実は、
多鯰ヶ池の島にある柿の木から持ってきていた。

正体を見られたお種は、
その後あらわれることは無かった。

というお話で、
言い伝え通りの立派な木が一本だけある島が、
多鯰ヶ池の中にポツンとあります

仲間数人で多鯰ヶ池に出かけて、
着いたのがお昼を過ぎたくらいでしたが、
寂しそうに立つ木の姿に少しビビってしまいました。

監視カメラが設置されているので、
水の事故が今も起こっているのだろうと思いながら、
風景を写真に撮った時の事です。

木の立つ島の反対側に、
池にせり出した山があり。

その山を撮影した画像を見ると、
モヤがかかったような画像でした。

O君も音が池から聞こえたと言い出して、
なんだか嫌な雰囲気がして来たと思っていると。

携帯を見ていたSさんが急に、
緊張した声で逃げるぞと言い出します。

まだ多鯰ヶ池についたばかりでしたが、
嫌な雰囲気がしていたこともあり、
全員だまってSさんの言うとおりにしました。

帰りの車内で、
どうして逃げると言ったのかをSさんに聞くと、

池に妙に気になる所があって、
そこをカメラでズームしたら。
水中を手のような顔のような、
何かよくないと感じるものが漂っているのが見えた

Sさんはまだ緊張していましたが、
こうして何事も無く帰宅出来る事に、
私は安心していました。

後で調べると、
私が撮影した山では、
お種に化けていた白蛇が祀られていました

関連する心霊情報