現在地
ルートを検索

これは私の家から徒歩5分ほどの距離にある心霊スポットですが、
あまり有名ではなく地元の人でも知らない人が多いスポットです。

これは私が中学生の時の体験談です。

友達と3人で近所の山で虫取りをしていたところ、
見慣れない大きな洞窟の様な穴を発見しました。

防空壕じゃないの?とか冗談を言いつつ
興味津々で中へ入って行きました。

中は真っ暗で、持っていたペンライトの光だけを頼りに
奥に進んでいくと、少し広い場所に突き当たりました。

そこで私達は驚愕しました。

そこには原形をとどめていない布切れの様なものや、
骨の様な白い欠片がポツポツと散らばっていました。

私達は恐怖のあまり言葉を失いましたが、
すぐに外に出ようと思い後ろを振り返り歩き出すと、
後ろから複数の声が聞こえてきました。

はっきりとは聞き取れませんでしたが
「熱い」というふうに聞こえました。

理由は解りませんが、推測するに
神戸大空襲で焼夷弾を受けた人達が逃げ込んだ
防空壕だったのではないかと思います。

慌てて外に出た私達は全員で顔を見合わせ
唖然としていたのを覚えています。

特に何か私達の身に起こったわけではありませんが、
その日の晩に不吉な夢を見ました。

ヒューンという音と共に
空から何かが降ってきて辺りが焼け野原になる夢でした。

私には何かの暗示のような気がしました。

祖父から戦争の話は聞いていたので大体の状況は把握出来ました。
すごく怖い情景だったのを覚えています。

好奇心でそういう場所に踏み込んではいけないのだと思いました。

関連する心霊情報