現在地
ルートを検索

いつのことだったのか忘れるくらい前の話なのですが、
山口県の秋芳洞に行ったときの事を書きたいと思います。

家系的にというと変ですがうちの家系は霊感が強く
特に母と私は足音・視線・ラップ音を体験する事が多く、
悩んでいました。

何故かアメジストという石がないと眠れない時期があったり、
部屋の床を波のような気配のようなものがザワザワと
流れていったりと不眠症になるほど強く感じる時期もありました。

なので心霊スポットこっくりさんなどは
絶対家に霊を連れて帰ってしまったりするのは
分かっているので嫌いでした。

とくに心霊スポットで有名なわけではなかったので
秋芳洞に観光目的で行ったのですが、まさかでした。

百枚皿鍾乳洞で有名な洞窟で、
夏はとても涼しく快適なので観光者は多いです。

写真OKなので入り口で撮影をしたり、
長い年月をかけて出来上がった鍾乳洞を撮影したりして
ごく普通の観光をしました。

後日写真を現像すると、入り口で撮影した写真に
無数の白い点が背景を覆い尽くすほど溢れていました

調べてみるとオーブと言われるものらしく、
悪いものではないそうです。

高いエネルギーが集まる場所で見られたり、
高級霊といわれるものらしいです。

そこでふとそういえば正月に親戚が集まって撮った
写真や外で撮った写真など、母と私が映るものに
少し霞んだ白い点が映る事はありました。

しかしこんなに無数の白い点は見たことがなく、
鳥肌が立ちました。

オーブは光の反射といわれることもあるようですが、
やはり霊感の強い人、高いエネルギーの集まる場所などで
多発するものなのだろうと思いました。

関連する心霊情報