現在地
ルートを検索

5年前の夏、神奈川県茅ケ崎市にある
女子美術大学付属幼稚園(通称J幼稚園)
廃墟に面白半分で行くことになりました。

当時まだ16歳だった自分と、同級生5人、
先輩5人で車で向かいました。

そこは、幼稚園の裏に有名な外国人墓地があり、
昼間に歩いても物騒な地域です。

夜9時に現場に到着後、車を止めた僕たちは
閉まっている幼稚園の門を飛び越え敷地に入りました。

門を超えるとすぐ左に守衛さんの小屋がありますが、
当然そこに人はいません。

奥へ歩いていくと、正面に校舎が見えてきました。
すると、一人の先輩が震え始め腰から崩れていきました。
僕たちは意味も分からずそのまま校舎の中へ入りました。

すると、夜中の校舎の中で園児たち
花一匁をしている姿が目の中に映ってきました。

友達二人にはそれが見えていなくて騒ぎながら
園児たちの間を抜けていってしまいました。

ほかにもその光景を見てしまった人が複数いたので
校舎から出る事にしました。

最初に崩れ落ちた先輩は徐々に顔色がわるくなり
しまいには友達が担いで運ぶほどになりました。

最初に飛び越えてきた正門の正面までもどり、
みんな順番に飛び越えていったのですが、
とある女の子が足を引っ張られて登れないと言い始めました。

そしてみんながその子の足元を見ると、
校舎の中にいた園児たちがあしを押さえているんです。

僕たちは驚きみんな叫び始めて
数秒後に警察がきて騒動は収まりました。

事後報告ですが、最初の守衛さんの小屋の中にも
園児が1人いたと友達に聞きました。

関連する心霊情報