現在地
ルートを検索

東京都池袋といえば、どんどん栄えてきている賑わいのある明るい町
だという印象を受けるだろうかと思います。

しかし、池袋は、昔に死刑場として使用されていた土地でもあります。
私は、信じていただけるかどうかわかりませんが
幼少期から少しばかりの霊感がありました。

そして、池袋のサンシャインの付近の
東池袋中央公園(巣鴨プリズン跡地)で色々な心霊体験をしました。

色々不可解な体験をした当時、私の勤務先は池袋にあったので、
仕事の後にはよく池袋内で食事をとったり、
仕事場の友人と一緒に買い物をしたりすることが時たまありました。

友人は特に霊感があるわけでもありませんでしたが、
その「東池袋中央公園(巣鴨プリズン跡地)」の付近を通りかかると
急に頭痛と寒気をしばしば訴えました。

私もなんだかあまりよくないような「雰囲気」は感じていましたが、
あまり気にかけていませんでした。

ある日、その友人と帰り際に例の場所を歩いていると、
急に「わっ」と声をあげてぴょんとジャンプしたので、
どうしたのかたずねると、「人がうずくまって泣いていたから、
とっさによけたけれど、誰もいない・・。」というのです。

私には見えませんでしたが、その後日にもその場所を経由して
帰宅するたびに同じことを繰り返すので、いつも不思議に感じていました。

そして、決定的だったのが、あるときに、
公園の何もモノがないところで大きな物音がしたのを聞いたときでした。

一瞬何がおきたのかわかりませんでしたが、
そのときに「この場所は何か憑いているだろうな」と
考えるまもなく確信しました。

あまりポピュラーな情報ではないかとおもいますが、
池袋もある意味、「霊気が漂う場所」なのだとおもいます。

関連する心霊情報