現在地
ルートを検索

20年ほど前友人と友人の彼氏と私の3人で、
有名な心霊スポットであるすずらん峠に。

細いがたごと道を車で向かうと、向こうから車が向かってきました。
一本道なので、路肩に寄せてすれ違った直後、その車は横道に曲がりました。

「あれ?道なんてあった?」
「無かった…はず」
「じゃあ、あの車はどこに曲がったの?」
「…とにかく先に進もう」

すれ違った時に、運転する人の赤いチェックのシャツを見たので、
間違いなくすれ違ったはずなのに、その車はどこかへ消えてしまいました。

とにかく広い所に出ようと、車を出しました。

何度も来ている場所なので、暗くてもよくわかっているはずなのですが、
いつもなら見えるはずの行き止まりのガードレールが見えません。

「おかしい。そろそろ着くはずだ」

と、車を止めて降りて確認したら、止まったその先は崖でした。
あと少し車を進めていたら、私達は車ごとに落ちていたことでしょう。

いつもあるはずのガードレールは、土砂崩れがあったのか、
どこにも見当たりませんでした。

あの時すれ違った車は、もしかしたら崖に落ちてしまった車が、
幽霊となって自宅へ帰ろうとしていたのかもしれません。

車を降りて、周りを見回してみると、高い場所に鳥居のような物が見えました。

友人の彼氏に聞くと、

「あれは、事故が起こらないように祈願して建てたものなんだよ。」と、
教えてくれました。

暗闇にシルエットで見える鳥居を見つめていたら、背中に寒気を感じました。
だんだん背中が重くなり、気持ち悪くなってきました。

ふと、視線を感じて鳥居がある崖を見つめると、
髪の長い女の人がこちらを見つめている気がしました。
はっきり見えているというよりも、感じるといった方がいいかもしれません。

「ねぇ、あのって、自殺者多くない?」
「なんで知ってんの?」
「やっぱり…。ちょっとヤバい雰囲気だから、帰るべ。このままだとヤバイよ。」
「え?何が?」
「いいから!早く!」

言葉を一つ喋る度に、あの女の人が近づく気配がして、
私は友人と友人の彼氏を急いで車に乗るように言いました。
気配がますます強くなります。

「早く!早く出して!」
「わ、わかった!」

その場所からとにかく早く離れたい!
私はその一心でした。

近くのコンビニに着いて、やっと寒気と気配から解放されした。

「なんであんなに急いだのや?」
「実はさ…」

私は、あの場所で感じた事を全て話しました。
すると、友人の彼氏が

「やっぱりそうなのか。実は、あの場所で車が崖下に落ちたり、
あの鳥居のある場所から何人も自殺してる人がいたんだ。
俺らは何も感じなかったけど、行くときにすれ違った車は、
この間俺たちだけで来た時と同じ車だっあんだよ…」

特徴を詳しく聞くと、運転手の赤いシャツも同じでした。
あの車は、何度も何度もあの場所を走っているのでしょう。

あの日から、あの場所には2度と行っていません。
震災で崩れてしまったかもしれません。

どっちにしろ、面白半分で行くべきではない。と、
友人達には伝えました。悲しみに連れて行かれるかもしれないから。

関連する心霊情報