現在地
ルートを検索

ラブホテルが立ち並ぶ場所に、
オバケが出る『ピーチな気分』という
ラブホテルの廃墟があるという噂を聞き、
Sくんは男女合わせて7人のグループで、
肝試しに行ったそうです。

学生時代、そういうコトに敏感な年頃だった男たちは、
場所がホテル街だけに、肝試しの後はそのままホテル行っちゃう?
とか言って盛り上がっていました。

場所は西名阪自動車・香芝ICの近くで、
住宅地を通って意味深な神社を通り過ぎ、
ちょっとした丘に入ったあたりになります。

近くのラブホテルは営業をしているのに、
『ピーチな気分』だけが潰れたのは、
このホテルで殺人事件がおきたから
です。

ホテル街での肝試、
そんなシチュエーションに盛り上がれたのも最初だけで、
カラフルな破片があたりに散乱している様子は、
Sくんたちを黙らせるのには十分でした。

建物の中もそうなのですが、
放置されて崩れたというよりも、
何者かが壊していったという有様で。

大体どの部屋も家具などが荒らされていて、
幾つかは窓から地面に放り出され。

停められていた一台の車も、
よく見ればあちこちが破壊されていて、
異様な空気が漂っているようでした。

そんな中、
通路の曲がり角に隠れるようにして、
Sくんたちを見つめる黒い影を見たと、
グループにいたYさんが言い出します。

それも、本当に人の姿を見たのではなく、
人の形をした黒い霧のようだったと言うのです。

これが切っ掛けだったのか、
ピーチな気分』の中を歩くと、
Yさんのほかにも私も・俺も見たとなり。

肝試しとしては正しいのでしょうが、
Sくんたちが考えていたのとは、
全く違った結末を迎えた
のだそうです。

関連する心霊情報