いまから6年前の話になります。
高知県の室戸に昔「スカイレスト ニュー室戸」というレストランがありました。

どうやらそのレストランが潰れて廃墟と化し「幽霊レストラン」と呼ばれ、
巷では少し有名な心霊スポットになっていました。

当時、仲間内で心霊スポット巡りがとても流行っていたので、
友達四人で「スカイレスト ニュー室戸」に夜な夜な行ってみることにしました。

急勾配の坂道を登っていくと、
突然視界の中にそのあたりには不釣り合いの建物が現れました。

現場に着いてみると確かに重苦しい雰囲気で夏なのに
ひんやりとした空気が漂っていました。

中に入ろうとするといつも心霊スポットに行く友人2人が
「ここはちょっとやばそうだからやめとく」と言いだしたのです。

確かに少しいつもとは違う雰囲気を感じてはいましたが、
せっかく来たということで二人で懐中電灯と
デジカメを片手に入ってみることにしました。

中はまさに廃墟という状況で沢山写真をとりながら
怖さをごまかすために大きな声で話しながら中を突き進んで行き
ある程度一回りして、大したことないとこだなとちょっと安心した反面
退屈さ感じたところで友人が地下への階段を見つけました。

早速向かってみると地下は他の部屋とも比べ物にならないぐらい荒れ果てており、
奥の1室に入ると二人共悪寒を感じ一歩足を踏み出しただけで鳥肌がたったのです。

二人が顔を見あわせて「ここはやばすぎる」といい
そうそうにその場所を後にしました。

後から聞いた話ですがどうやらそこで人が亡くなっているそうです。

地上に上がってきた二人は怖くなり早々と車に戻りその場を後にしました。
しかし1番の恐怖体験はここから、たくさん写真を撮っていたので、
みんなで見返しながら「これ幽霊っぽいな」などと話をして
わいわいしながら帰り、すっかりこのことを忘れて半年近く経ったとき
再び写真をみんなで見返したとき、一人がふと写真の異変に気づきました。

その写真は入口付近で正面から車と幽霊レストランに入った友人を撮った写真
なのですが、僅かに角度が高いとこから撮った角度に変わっていたのです。

しかしみんな信じたくないのか気のせいだということで落ち着きました。

そして1年ぐらいたってみんなが忘れた頃に写真を見返してみると
さらに高いところから撮った写真になっており、みんなに見せると
さすがに変化に気付き4人とも顔が青ざめていました。

その1ヶ月後その写真に映った車と友人が事故を起こしました。
友人は奇跡的に軽症ですみましたが、車は廃車となりました。

そのあとその写真を撮ったデジカメをなくしてしまい
写真を確認することはできなくなってしまいましたが、
6年経った今はどう変化してるかと思うと今もぞっとします。

その写真に写っていた友人は今どうなっているかはご想像にお任せします・・・

関連する心霊スポット情報