愛知県犬山市にある、
犬山天狗神社という心霊スポットに行ったときの話です。

その日は男2人女2人で飲みに行き、テンションが上がっていたため、
夏だし肝試しに行こうと盛り上がりました。

そのとき近場に天狗神社があるということで向かったのですが、
地元ではわりと有名ないわくつきの場所らしく、
僧侶の霊に追いかけられるとか、鈴の音が聞こえるとか…。

そんな話を聞きながら目的地に到着。
辺りは外灯もなく真っ暗でした。

天狗神社は、山道のような長く細い階段を上がっていった先に神社があるのですが、
1列になって登ろうとなり、男A→女A→私→男Bの順番にしてもらいました。

登り始めてわりとすぐに、男Aが「誰だ、あいつー」と言いましたが、
みんな酔っぱらっていたのもあって、そのときは気にも止めず談笑しながら進んでいました。

すると、途中に水子のお墓があり、
暗闇で突然見えたので女側は軽く悲鳴をあげてしまいました。

そんなこんなで登りきり、神社をみんなで遠目で見ていましたが、
特に何の変化もなかったのでそのまま帰ることにしました。

階段を下りて帰路に着いている途中、男Bの方が、
「さっきさ、パニックになると思って言わなかったけど…、たぶんいたよ」
と真顔で言ってきました。

聞くと、階段を登ってすぐに僧侶のような後ろ姿が私たちの前の方を歩いていたというんです。

男Bはわりと霊感があるらしく、たいていスポットにいくと見るんだそう。
落ち着いた言い方が逆に信憑性を増して、ゾッとしていたら、

男Aが「え、それ俺も見たけど。誰だ、
あいつーって言ったのに誰も何も言ってくれなくて…。
でも、俺霊感ないけど!あれ、幽霊だったの?」

確かにそんなことを言っていたと思い出し、ますますゾッとしました。
私たちより前には誰もいなかったですし、間違いなく女側は見ていません。

何より幽霊を見てしまったことに、男Aが一番青ざめていて、
すっかり酔いも冷めていました。

もしかしたら、霊感がない人でも見てしまうかもしれないスポットなので、
私は二度と行かないです。

関連する心霊スポット情報