国道183号線沿いを走ると、
海側に見える廃虚が「ホテルニュー鳴門」です。

私がこの場所を訪れたのは、
友人含めて三人でバイクにテントを積んだツーリングで、
四国のキャンプ場に向かっている途中のことでした。

大塚国際美術館から県道183号線を進んで、
島田島に入ってからしばらく走っていると、
右手側に骨組みだけが残った建物が見えました。

少し先にあった交差点に、
車をとめられるような砂利の広場があったので、
いったんそこにバイクをとめ。

そこからUターンして、
私たちは廃虚まで戻りました。

廃虚にはフェンスが張られているわけでもなく、
敷地には簡単に入れました

すぐ隣にも建物があるからかなと思ったのですが、
こちらももぬけの殻で、
壁には大きく落書きがされているようなありさまでした。

私は旅の写真を取るために用意した、
使い捨てのフィルムカメラで廃虚を撮影してから、
あたりの様子を探りました。

廃虚の中には下に降りる階段が見え、
廃虚の脇には下に降りるスロープがあったので、
建物は下に伸びているのだと思います。

屋上に上がる金属の階段は足場が崩れていて、
この廃虚がどれだけボロボロの状態なのかを物語っていました。

予定していたキャンプ場への時間もあったので、
廃虚の下までは入ることなく、
私たちは廃虚をあとにしました。

驚いたのはツーリングから帰ったあと、
廃虚の中を撮影した写真を見たときでした。

廃虚の中には鏡やガラスのような、
光を反射するようなものは落ちていなかったのですが、
写真では廃虚の入り口近くの床で、
何かが光を反射しているように、
キラリと光るのが写っていたのです。

私達が訪れた廃虚が、
ホテルニュー鳴門と呼ばれる心霊スポットだというのを知ったのは、
つい最近のことでした。。。

最初に写真を見たときは、
光を反射するようなものに、
気が付かなかったのかなと思っていました。

ホテルニュー鳴門は経営難から廃業して、
長く放置されてしまい、
海風もあってボロボロになってしまったそうですが、
敷地内の建物はほぼ同時期の建物のようです。

経営難でホテルを閉めたということらしいですが、
残された建物の一方は骨組みを残すだけ、
かたや一方はまだしっかりしているのを見てしまうと、
このホテルが廃業したのも、心霊現象がおきるのも、
建てた場所が悪かったのかと思えてしまいます。

関連する心霊スポット情報