大野市仏原にあるダム湖に謎の気泡が目撃されたのは、
ダム沿いの国道158号線やダム湖に架かる琴洞橋からでした。

謎の気泡は多くのドライバーが目撃し、
画像や動画を撮影しての問い合わせもおおく、
ダム湖の調査が行われたことが福井新聞(web版2011年6月23日)にも取り上げられたようです。

私達が仏原ダムの上流にある九頭竜温泉に向かっていたときに、
ちょうど琴洞橋にさしかかったときに友人がこの事件を話題に出して、
私はそんな事件があったのを初めて知りました。

巨大生物がいるのかもしれない、
それでちょっとした話題になったのらしいですが、
調査をしているあいだに友人もそのことを忘れていて、
こうして仏原ダムを通ると聞いて、この事件を思い出したのだそうです。

私達が湖面を見ても、
そこには穏やかな湖面があるだけで、
話題になったような気泡はどこにも見えませんでした。

気泡の正体はなんだったのかで、
車内が盛り上がっていたとき、
ちょうど琴洞橋を通り抜ける手前のあたりで、
急ブレーキが車にかかります

運転をしていた友人は、
興奮しながら車の下から何かが出て来たというのですが、
助手席にいた友人はそれを見ていませんし、
車を降りて確かめてもどこにも何もありませんでした。

このことが気になって、
仏原ダムについて調べたときに、
謎の気泡を伝える新聞記事のほかに、
幽霊が出るという話を知りました。

それは車で湖畔を走っていると、
女の幽霊を見たという話で。

私達は後ろに車がいなかったからよかったのですが、
後ろから車が来ていたらと思うと、
なんとも言えずゾッとしてしまいます。

関連する心霊スポット情報