かなり昔の話ですが、
自転車で砥部町のあたりを走っていたときの事です。

国道379号線から県道53号線に入って、
ただなんとなく脇道に入っていき、
つづら折りの坂道を登ったあたりで小学校が見えてきました。

小学校の目の前には原池というため池があり、
茶色く汚れた水をためたため池は、
特に興味を引くような場所ではありませんでした。

私はそのまま通り過ぎようとしていましたが、
水面に水しぶきが上がったのを見てしまいました。

魚がはねたとかそんなおとなしいものではなく、
一抱えある石を落としたような
それだけ大きなものが落ちたような水しぶきでした。

私は池で遊んでいた子供が落ちた姿を思い浮かべ、
大きく途切れたガードレールから草むらに入り、
原池の淵に向かって走りました。

道路から池の淵までわずかの距離で、
ユラユラとゆれる水面から水の中の様子を見ようとしても、
水が汚れていて全く見えません。

水が深くても、当てずっぽうでも、
今なら何かつかめめるかもしれない。

私は右手を水の中に突っ込んで、
水をかき回すように動かしました。

すぐに何かが腕に当たったのですが、
それは氷のように冷たく、
腕に巻き付くように動いてきた
のです。

すぐに腕を引き抜いたのですが、
腰から下は力が抜けていて、
浅く速い呼吸のままへたり込んでしまいました。

水しぶきが上がって波紋が走る水面、
水の中で手を動かしたときに上がったしぶき、
道路から水際に来るまでの間に波紋とすれ違ったこと。

これまでの出来事をいくら思い出しても、
水の中で感じた冷たさの理由は出て来ないどころか、
生き物なら暴れるだろうし、気泡だって出ているはずだ。

最初に上がった水しぶきのあと、
どうしてあんなに水面が穏やかだったのか。

自分が見て体験した事は何なのか、
混乱は増すばかりです。

もう原因とかそんなことはどうでもいい、
とにかく逃げよう。

ヨタヨタとしなが立ち上がり、
落ち着きを取り戻したときには、
もう自分が住んでいたアパートの近くまできていました。

それから新聞の原池に関する
地方欄や死亡欄をよく見るようになったのですが、
事件が起きていない事だけは安心しています。

関連する心霊スポット情報