青雲橋は国道218号線にかかるアーチ橋で、
国道にかかる橋の中では最も高さがある橋なのだそうです。

これは2010年以前の話なのですが、
その頃の青雲橋は転落防止のフェンスはなく、
橋から飛び降りる人が少なくなかった
ということです。

その時は親戚が家族旅行で宮城に来ていて、
青雲橋からの景色をみてもらうために、
橋の手前にある道の駅に来ていました。

軽く食事をしたあと、
親同士は特産品などで盛り上がっていましたが、
まだ幼いおいっ子のHくんはすぐに飽きてしまい、
私が相手をしていました。

道の駅の駐車場から青雲橋を見ていると、
橋を指差しながらHくんが「あの人、なに」と聞いてきます。

「ん?どの人のこと」
あれ、上にのってる人

橋の手すりか、
照明に登っている人がいるのだとは思うのですが、
橋の上を歩いている人たちの中に、
そんなことをしている人は見えません。

Hくんは好奇心に満ちた顔でこちらを見るのですが、
私にはなんのことだかわかりません。

Hくんが私の方を向いている間に、
どこかへ行ってしまったようで、
Hくんが見たものはわからないままでした。

その後、友人から青雲橋が自殺で有名だという話を知ったときに、
この時のHくんとのやり取りを思い出します。

子供の方が幽霊を見やすいなんて言いますが、
自殺した人の幽霊をHくんが見ていたと考えてしまい、
酒がどんどんまずくなります。

青雲橋を見上げると、
あのときHくんがみたものの正体が気になりますが、
知らないですむならそのほうがいいと思っています。

関連する心霊スポット情報