マイナスイオンという言葉があふれていた時に、
癒しを求めて南阿蘇の寄姫の滝(白糸の滝)へ行ったのですが、
チャンネル・周波数が合ったと言えばいいのでしょうか、
私は不思議な体験をしました。

白糸の滝は維持管理費として100円が必要だったのですが、
本当に100円だけでいいのかと思うほど美しい場所で、
滝から落ちた水が岩の間を流れる様子は川を編んでいるかのようです。

日ごろたまった悩みやストレスがほぐされるどころか、
滝を見た瞬間に綺麗サッパリと洗い流されてしまいます。

本当にこの場所に来てよかった、
この場所の空気をもっと体で感じたい、
そう思いながら目を閉じて滝の流れる音に耳を澄ませます。

滝の落ちる音と川のせせらぎに意識を集中していると、
水の音に隠れたかすかな鳴き声に気が付きます。

唄のように水の流れる音に合わせて強弱があって
生き物の出す音ではないけど、
どこかで聞いた覚えのあるような不思議な鳴き声です。

あたりを見渡しても何かが見えるわけでもなく、
もう一度音に意識を集中させても、
水の流れる音以外は聞こえませんでした。

白糸の滝は寄姫の滝とも呼ばれていて、
たぶんこの場所の主だった蛇が人の姿に化けたときの名前が寄姫で、
白糸の滝には寄姫の悲しい恋の話が残っています。

人間の男に恋をした寄姫は、
人間の姿になって男のもとへ行く
のですが、
蛇の姿を見られてしまい、
寄姫は化け物として殺されてしまいます

この話が元になって、
ウワサではこの場所に女性が、
特に妊婦が訪れると悪い出来事が起こるらしいです。

殺されそうになっても逃げるだけだった寄姫が、
そこまでの恨みを残すのかは疑問ですが、
そういう話が生まれるぐらい神秘的な場所なのではないでしょうか。

関連する心霊スポット情報