富士山の西麓にある富士宮市には、
姥捨ての言い伝えのある大穴があります。

森の中にある10mほどの大穴が老女を捨てた穴で、
穴は姥捨ての言い伝えからバンバ穴(婆々穴)と呼ばれています。

バンバ穴の底に広がる洞窟からは、
言い伝えを裏付けるように人骨が発見された
ようです。

県道72号線を道なりに進んで、
右手にある施設の次の交差点を、
養鶏場の小さな看板を目印にして林道に入って行きます。

養鶏場を越えた先にある、
林道が大きくカーブしたあたりから森に入れば、
数十mでバンバ穴にたどり着きます。

バンバ穴まではほとんど一本道で、
山の中といっても携帯のナビが利用できたので、
思ったよりは行きやすい場所でした。

目印のない森の中と聞いていた分、
あっさりと目的地に到着したことで、
私たちの気はずいぶんと緩んだものになります。

私たちは4人でバンバ穴に行ったのですが、
注意を呼びかける看板は地面に落ちていて、
穴の周りは木の棒が立っているだけで、
中を覗き込むことは難しくありませんでした。

穴を覗き込んでいたAの肩を、
Bがふざけてゆすって、Aが怒鳴り声をあげたのですが、
この穴の下で眠っていた霊が、
Aの怒鳴り声で起きたのだと思う出来事が起きました。

怒鳴り声の前に撮影した写真には写らなかったのに、
白い光の球が写った写真が、
怒鳴り声の後には何枚かある
のです。

静かに眠っていた霊をこれ以上刺激しないように、
私たちはすぐに立ち去りました。

幽霊以外にも、バンバ穴は深さが20mあり、
ふざけて落ちたらただではすみません

命に別状がなかったとしても、
素人がどうにかできる場所でもありません。

この場所へ行くときは、
できるだけ一人で行かないようにしてください。

関連する心霊スポット情報