温海川ダムやその近くで幽霊を目撃したという話の中に、
ダム湖に数えきれないほど幽霊が集まっているというものがありました。

温海川ダムは西田川郡温海町にある温海川に作られたダムで、
川の氾濫で周辺地域が何度も大災害にみまわれたことを受け、
治水目的で作られたそうです。

温海川ダム自体には幽霊と関わるような出来事は無いのですが、
複数の幽霊が目撃されているのは、たびたび起きていた
災害の犠牲者とも言われています。

そんな温海川ダムのダム湖では、
わりと早い時期から型のいいニジマスが釣れるとか、
その名前は釣り好きの知り合いから聞いことがありました。

釣り好きの知り合いがいつものように釣りをしていると、
魚の影はあちこちにあるのに全然釣れなくて、
一緒に釣りをしていた友人たちも釣果がさっぱりの日があったそうです。

魚の気配は強いのに今日は全然ダメだな、
そんなことを考えながら釣りをしていると、
ひときわ大きな魚の影が通り過ぎるのが見えたそうです。

全長は肩幅より大きいぐらいで、
太さが丸太ぐらいありそうな影で、
気がついた時にははもう消えていました。

ほんの一瞬のことでしたし、
いくらなんでもそんな大きさはありえなし、
今日は全然釣れないから、
波を都合よく見間違えたんだろうと思っていました。

「今日は魚の気配もないし、切り上げますか」

あまりにも釣れないので友人が帰ろうと言い出したのですが、
ちらほらと魚の気配を感じていたのは釣り好きの知り合いだけで、
他の友人たちにはほとんど感じられなかったそうです。

釣り好きの知り合いが魚だと思っていた影も、
温海川ダムに集まっていると言われる幽霊だったのかもしれません。

関連する心霊スポット情報