国道169号線を吉野から橿原へ行くために使う、
芦原峠にあるトンネルが新芦原トンネルです。

昔からある旧芦原トンネルは橿原から吉野へ向かうために利用されていて、
新旧の芦原トンネルが並んでいまも使用されていますが、
新しい芦原トンネルでは幽霊がでるといわれています。

タクシードライバー同士のイザコザがこじれた挙句に、
殺人という最悪の形で決着がついたのが新芦原トンネルだったという話で、
親子の諍いという話もあるようです。

何度かこの新芦原トンネルを通行したことがある、
自転車が趣味の友人から新芦原トンネルの話を聞いたのですが、
道路に余裕がないから、二車線あるけど大型トラックが後ろから来たら
本当に怖い。

それで微妙に傾斜があるって、知らないうちにスピードが出ているし、
意識して速度を落としてないと、落ちているゴミで事故を起こしかねない

ということなので、
特に重量のあるトラック等は傾斜でスピードが思わず出ていて、
道幅に余裕が少ないことで、
ヒヤリとする場面があるのかなという印象でした。

ところが説明のつかない出来事を友人が体験していて、
この新芦原トンネルにはやはり何かがあるのだと思っています。

友人が新芦原トンネルに入った時には、
あたりに車は走っていなかったので、
このままトンネルを抜けたいなと思っていると、
後ろから大きな唸りが近づいてきました。

後ろからトラックが来ているのか、
嫌だなと思いながら後ろを確認すると、
トンネルの照明が見えるだけで、
トラックの姿はまだ見えません。

聞こえている唸りの大きから、
姿が見えていてもおかしくないはずなのに変だな?

不思議に思って聞こえている音をよく聞いてみると、
それは質量の大きさを感じる力のある音なのですが、
エンジンの駆動音とはどこか違う感じでした。

結局トンネルを抜けても後ろからトラックが迫って来ることはなく、
気になって自転車を止めてしばらく待ってみたものの、
友人の後から車が来ることはなかったそうです。

関連する心霊スポット情報