仙台市蟹沢にある与兵衛沼は、
仙台藩士「鈴木与兵衛」が私財を投じて作った用水用の沼で、
『杜の都 緑の名所100選』になっています。

与兵衛沼がある公園では、
木々には鳥が集まり、
ほとりは釣り竿を出している人もいて、
いい公園だと私も思いす。

ただ私はこの公園の近くで、
奇妙な出来事を体験した事があります。

私が自転車で散歩をしていて、
東にある小学校の校門を過ぎたあたりの、
歩道から与兵衛沼がよく見える場所での出来事です。

薄曇りで風も少し強めだったせいもあるのでしょうが、
与兵衛沼の周りの木々が風に揺れてザワザワとしていて、
その様子が不気味だと思っていると、
カラスのひと声がひときわ大きく聞こえてきました。

思わず自転車を止めて、
カラスが何処にいるのか、
与兵衛沼の上空を探していた時です。

与兵衛沼のある方向から、
自転車の後輪に軽い衝撃があって、
私はビックリして、
自転車にまたがったままバランスを崩しそうになりました。

風で飛んできた何かがあるわけでもなく、
何が起きたのかわからないまま、
じっと自転車の後輪を眺めるしか出来ませんでした。

それから何度もこの辺りを通るのですが、
奇妙な体験をしたのはこの一回だけです。

気になってネットで調べてみると、出るわ出るわ。
母子の幽霊が出るだの、何人も死んでるだの、
極め付けは殺人事件まで。。。

真相はわかりませんが、
それだけの雰囲気がある沼であることは
間違いありません。

関連する心霊スポット情報