その日の私は新しい自転車が嬉しくて、
住んでいるところから離れた場所まで来ていました。

そこは田んぼと山の間にある細い道で、
山側のに雑草に隠れるようにブロックの塀が少しのぞいていて、
自転車を止めるとそこにはがありました。

田んぼ側の方が広い道に近いから、
このあたりの家は田んぼ側の方にたっていて。

見るとバルコニーもあって立派な家なのに、
へんな所に家を建てたから、
住みにくくて放置されているのかなと思っていました。

完成した当時は白い壁が輝いていたのでしょうが、
今では雑草に埋もれて忘れ去られた寂しそうな家です。

一階の壁に落書きが見えたので、
子どもがいたずらに侵入したことがあるのでしょう。

二階の窓は開いていて、
そんなに風は強く無いのにカーテンが揺れて、
誰かに監視されているようで気持ち悪いと思います。

その後もなぜかこの家の事が気になって
住所を頼りにしらべてみました。

岐阜県伏見にあるこの家では、
1994年に借金苦から家の主人の男性が、
拳銃で自殺をしたとわかって驚きました。

自殺した男性は生命保険に入ったばかりで、
自殺だと保険金が支払われません。

そこで家族が拳銃を隠してから警察に連絡して、
警察も殺人事件として捜査を行なうのですが、
家族の証言に不自然なところが多くて、
そこからこの事件が自殺であるとわかったそうです。

そしてこの家は銃殺の家と呼ばれるようになって、
自殺をするしかなかった家の主人の無念が、
今もこの家に残っている
と言われていました。

カーテンが揺れていたのはもしかして幽霊

私は幽霊に見られていたと思うと、
今更ながらにぞっとしてしまいます。

関連する心霊スポット情報