荒川に架かる江北橋は見通しの良い直線なのに事故が多く、
中には急にハンドルを大きく切って欄干に衝突する事故も起きていました。

直線のはずの橋が急に曲がった

そんなバカなと言いたくなる出来事が起きたと、
事故を起こしたドライバーが証言したことで、
心霊現象がおこる橋として江北橋は知られるようになります

実際には川から発生する霧の影響で、
目が錯覚を起こしていた事がわかり、
対策として江北橋の欄干に照明がつけられてからは、
事故が激減しています。

これは欄干に照明が設置される前に、
江北橋近くに住んでいたGさんから聞いた話です。

当時Gさんは通勤にこの橋を利用していて、
その日は色々なトラブルが重なって帰宅が遅くなってしまい、
Gさんが運転するスクーターが江北橋に着いたのは、
22時を過ぎたころでした。

もうすぐ橋も終わりというところで、
急にハンドルが大きく動いて、
バランスを崩したGさんは転倒してしまいます。

幸いGさんは膝を大きくすりむいただけで、
あちこち痛みがありますが、
大事には至りませんでした。

何か変なものでも落ちていたのかと、
ハンドルが大きく動いたところまで戻りますが、
そこには何もありません。

もちろんGさんはお酒を飲んでいませんし、
霧は出ていなかったそうです。

事故を起こして興奮していて、
単独事故ということもあり、
理解できない事がおきた不安から、
すぐにその場から立ち去ります。

度重なる事故が本物の幽霊を呼んだのか、
何かの偶然でハンドルが動いたのかはわかりませんが、
怪我だけで済んで本当に良かったとGさんは語っていました。

Gさんは職業や住む所を変ているので、
江北橋に照明が付いてからの比較はできないのですが、
錯覚というだけでは説明が付かない事がおきたことは間違いありません。

関連する心霊スポット情報