石川県と富山県の県境のちかくにある
牛首トンネル(宮島隧道)に、
血の涙を流す地蔵があると聞いて
肝試しに行った時の話です。

友人数人とライトを照らしながらトンネルをすすんで、
地蔵を見つけたのは良いのですが地蔵の頭がありません。

近づいてよく見ると、
足元に地蔵の頭が転がっていて、
誰かが地蔵を壊した後のようでした。

トンネルの中は落書きだらけで、
タチの悪い奴らが頻繁に着ているのは想像できたのですが、
まさかここまで酷い事をするとは思っていませんでした。

地蔵の頭が壊されて転がっている、
私達はその酷い光景にしばらく言葉を失っていました。

「もう行こう」

「山だからかな、気味の悪い音が響いていて気持ち悪いしさ」

たまりかねたAが早くこの場所から離れようと発したのですが、
私と他の友人達はAが何を言っているのかわかりませんでした。

牛首トンネルの中は静かで、
私達の出す音しか聞こえないからです。

Aのみるみる真っ白になっていった顔は、
何年もたった今でもハッキリとおぼえています。

牛首トンネルの地蔵は、
この場所で死んだ男の母親の為に作られたそうです。

後で知ったのですが、
このトンネルを訪れた後は事故を起こすという話があり。

私も牛首トンネルを訪れて数日後に、
信号が変わったので歩道を渡ろうとしたら、
信号無視の車にぶつかりそうになって冷やりとする事がありました。

車とぶつかりそうになったことが、
トンネルを訪れた後に起こると言われる事故だった
のかもしれません。

関連する心霊スポット情報