森のなかの庭に並ぶ多様な彫像立体物

森を展示場にしたアートイベントのように見えるが、
ここは放置されたカローラ山荘(迦楼羅山荘)の庭。

森の別荘というべき姿のカローラ山荘だが、
屋根の下の蝶の大きなレリーフが、
普通の別荘とは違うことを表している。

精神病患者に理想の療養活動を行う治療院として、
某病院の医院長が作ったのがカローラ山荘だった。

療養活動の一環で美術品制作を行った為に、
カローラ山荘の敷地内には多くの作品が置かれている。

庭に置かれた患者の作品はよく出来ていて、
素人が制作したとは思えない。

友人Fに変な場所があると聞いて、
そこまで期待してなかったが。

カローラ山荘自体は窓もベニヤで塞がれていて、
中の様子をうかがうことは出来ないが、
彫像が散りばめられた奇妙な庭の、
想像を越えた景色に興奮が収まらない。

それぞれがカローラ山荘の庭を見て回っていると
背後で物音がする。

振り向くとFが尻もちをついて倒れていて、
そのまま這いつくばってこちらに近づいてくる。

何があったのか聞いても逃げようとしか言わないし、
Fの膝はガクガク震えていて立つことが出来ない

私達はFを両脇から支えて、
Fを引きずりながらカローラ山荘を後にした。

しばらくして落ち着いたFから、
何が起きたのかを聞くことが出来た。

カローラ山荘では手に負えない患者を処理して、
広い敷地内に埋めているとウワサされている。

Fは女性の彫像の隣に立って同じ方向を見ようと、
横に並んだ彫像の視線を確かめると。
女性の彫像の視線はFを見ていたらしい。

カローラ山荘の庭に置かれた彫像には、
処理された患者の霊が隠れている

そんな話を思い出し、
怖くて足に力が入らなくなったのだという。

そのまま全員で神社にお参りに行ったおかげか、
それからは何事も無く過ごしている。

関連する心霊スポット情報