神奈川県川崎市にある生田緑地はかなり広い公園です。
半日はゆっくりできる緑あふれる公園です。川崎市民の憩いの場です。

実は、生田緑地には慰霊塔があります。
川崎ローム層斜面崩壊実験事故で15人が土砂に生き埋めになって
死亡するという惨事が昔あったのです。

慰霊碑の近くはひとけがなく、長くはとどまりたくないです。

噴水のある広場は子連れでにぎわっていて明るい雰囲気なのですが、
5分ほど歩いて慰霊碑のある木の生い茂った薄暗いエリアに行くと
寂しい薄気味悪いオーラが漂っています。

近くにあしの生い茂るがあります。
人魂を見た、親子の霊を見たといううわさが地元にあるのです。

人魂より、公園のメジャーエリアに出現する
親子の霊の方が県外の人には有名です。

学校で、生田緑地で火の玉を見たと息巻いて話している同級生がいました。
さっそく、人魂を見に友達とグループで行きました。

1時間ほど池の近くで待機したのですが、人魂は現れず、
池のおろどおろどしい雰囲気と秋だったので体が冷えてきたので、
その日は諦めて帰りました。

ガヤガヤ大人数で行くと人魂は現れないようです。

生田緑地の住所は、川崎市多摩区升形7丁目。

小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩20分。
生田駅から、徒歩40分。向ヶ丘遊園駅から歩いたほうが
分かりやすくていいでしょう。新宿から小田急線でアクセスが良いです。

夕方や夜は変質者が出ると学校で注意を受けたので、
女性は一人で暗くなったら行かないことですね。

幽霊より、痴漢の方が女性には危険ですから。

関連する心霊スポット情報