私が18歳の頃に富山県心霊スポットである
頭川トンネルへ行った時のお話です。

当時、友人のAさんとAさんの自宅で食事をしていました。
そこへAさんの彼氏であるBさんから電話が入り、

心霊スポットへ行かない?」

と電話があったので、私、Aさん、Aさんの彼氏、
Aさんの友人の4人で頭川トンネルへ行くことになりました。

頭川トンネルは地元の人でもめったに寄り付かない
心霊スポットとして有名な場所で、過去に頭川トンネル近くには処刑場があり、
打ち首になった罪人の首を川に投げ捨てていたことから
「頭川」という地名がついた
ほどだからです。

頭川トンネルへ着いた私たちは、
真っ暗な中、車から降りました。

なぜ車を降りたのか?というと、

頭川トンネルを通った車は必ずといっていいほど、
車に異常があるからです。

タイヤがパンクしたり、エンジンが故障したりといった
車の原因不明の故障が起こる事で有名だったので、友人Aの彼氏は

「車壊したくないから降りよ」

と言って、4人で頭川トンネルの前で降りる事にしました。
100mほどのトンネルを往復する。

という謎のルールまで出来てしまい、私はパニック状態で本当に帰りたい。
心の中はこれだけで頭がいっぱいでした。

あたりは街頭もなく、木が多い茂っており
本当に不気味な場所です。

辺りから聞こえてくる音、全部が心霊現象じゃないかと思うほど怖かった。

往復した私たちは無事?車に到着。

結局、何事もありませんでしたが、
最初で最後の心霊スポット体験でした。

関連する心霊スポット情報