友人4人でドライブに行ったときの実体験です。
同じバイト先の人、皆の休みが重なった日に
京都の将軍塚にドライブに行くことになりました。

運転していた友人が心霊スポットが趣味のためか、
以前調べてた八幡市にある野戦病院跡地
心霊体験に行こうということになりました。

野戦病院は道中車から降りて歩かないといけない場所にあり、
軍人病院とも言われていたりします。

跡地の車が行ける限界のところまでつき、
『さぁ、降りて向かおう』となったとき、
私は、病院の方に黒い影が病院の方に向かっていくのが見え、
わがままを言い病院の中に入ることなく帰ることになりました。

私の中では、変える最中も何か胸の中に引っかかって取れない感覚のままでした。

その次の日の話です。

ふと、夕方にテレビをつけてニュースを見ていたのですが、
同じように八幡市の野戦病院に心霊スポット巡りをしていた学生たちが、
八幡市周辺の線路で車が止まり、電車にはねられて亡くなっていました。

ニュースの事件時刻を確認すると約30分前にその道を、
私たちは帰宅途中に通っていたのです。

その日の夜、運転してくれた友人と一緒にバイトに入っていたので、
黒い影を見たことや事故が起こってニュースになっていたことを話しました。

友人が答えてくれたのですが、その時は気にしていなかったそうですが、
事故現場と同じ場所で車がエンストになり、少し動かなくなっていたそうです。

野戦病院跡地自体は心霊スポットではなく、
もともとはビルマ僧院という宗教施設になる予定だったとの
話もありますが、上記のような心霊体験をしてしまった後では、
もしかすると、亡くなっていたのは、
私たちだったかもしれないと思うと今でも、
その周辺にはいけません。

関連する心霊スポット情報